けんちょんの競プロ精進記録

競プロの精進記録や小ネタを書いていきます

AGC-D

AtCoder AGC 014 D - Black and White Tree (900 点)

最高に好きな問題 問題へのリンク 問題概要 頂点数 のツリー上でゲームを行う。高橋君は残った頂点から 1 つ選んで白く塗る。青木君は残った頂点から 1 つ選んで黒く塗る。 この操作をすべての頂点に色が塗られるまで繰り返したとき、黒く塗られたすべての頂…

AtCoder AGC 011 D - Half Reflector (900 点)

この問題が解けた勝因は、「実験しよう」と思えたことな気がする。 問題へのリンク 問題概要 高橋君は,ある特殊な装置をたくさん持っています. この装置は筒状で,左右からボールを入れることができます. また,この装置には 2 種類の状態 A, B がありま…

AtCoder AGC 007 D - Shik and Game (1200 点)

すごく典型的な問題。 現代なら企業コンの 800 点問題とかに出そうな雰囲気だね。このころはまだあまり典型じゃなかったのかな。 問題へのリンク 問題概要 一直線上に 個の点 があってこの順に並んでいる。さらに左側に 、右側に がある。 からスタートする …

AtCoder AGC 001 D - Arrays and Palindrome (1000 点)

楽しかった。 回文系の問題。「〜な条件だと結局全部一緒になる」という問題の雰囲気がどことなく数オリっぽい。 必要条件を頑張って列挙したら実は十分な感じもまた、数オリっぽさと AGC っぽさの両方がある感じ。 問題へのリンク 問題概要 総和が 、長さが…

AtCoder AGC 033 D - Complexity (1000 点)

これを解けなかったのが強い敗北感。 DP 配列が巨大になりそうなときに、最適化する対象を入れ替えるテクは今までなんども見ているのにそれが思いつかない思考の硬さを思い知らされた。 問題へのリンク 問題概要 0 と 1 のみからなる行列の複雑度を すべて同…

AtCoder AGC 021 D - Reversed LCS (900 点)

面白かった 問題へのリンク 問題概要 文字列 が与えられる。あらかじめ文字列の中の 文字を自由に変更することができる。 こうして得られた文字列と、それを反転した文字列の LCS (最長共通部分列) の長さとして考えられる最大値を求めよ。 制約 考えたこと …

AtCoder AGC 032 D - Rotation Sort (1000 点)

本番フローで無理矢理解いた!!! でも DP が本筋だね。 問題へのリンク 問題概要 の順列 が与えらえる。これを 整数 を選んで区間 [ ) を左シフトする、すなわち をそれぞれ へ置き換える、これにコスト がかかる 整数 を選んで区間 [ ) を右シフトする、…

AtCoder AGC 031 D - A Sequence of Permutations (1000 点)

居酒屋からのエクストリーム参加。D 問題が面白そうだったので突っ込んだ。解けてよかった!!! 問題へのリンク 問題概要 から までの整数からなる 2 つの順列 に対して、新たな順列 を以下のように定める: := 項目の値は である 今、順列の列を で定める。…

AtCoder AGC 006 D - Median Pyramid Hard (1300 点)

一目見て、データ構造げーかな...と思ってしまった。そういう先入観を持つと危ない。実際は好みな考察で解ける問題だった。 問題へのリンク 問題概要 正の整数 と からなる順列が与えられる。いま、この順列を下図左のようにピラミッドの最底辺に書き込む。…

AtCoder AGC 010 D - Decrementing (1000 点)

一目見て惹かれた。すごく面白かった。割と自然な考察の流れで解けた。 問題へのリンク 問題概要 個の正の整数からなる数列 が与えられる。先手と後手が交互に以下を繰り返す。先に操作を行えなくなった方が負けである。双方最善を尽くしたときにどちらが勝…

AtCoder AGC 029 D - Grid game (800 点)

これは。。。C より先に確実にこれをとったのはよかった 問題へのリンク 問題概要 (意訳) H × W の二次元グリッドがあって、各マスは通路か壁である。壁は N 個ある。最初は (1, 1) に駒がある。 毎ターン (x, y) にある駒は (x + 1, y) に進める、ここで (x…

AtCoder AGC 008 D - K-th K (800 点)

実装は手こずったものの、それなりに自信のある Greedy を提出できて一発 AC できてよかった 問題へのリンク 問題概要 1 〜 の値を 個ずつもつ長さ の数列であって、 各 について、 番目の値が 個目の である という条件を満たすものを 1 つ構築せよ。条件を…

AtCoder AGC 004 D - Teleporter (800 点)

こういう系の問題、なかなか提出が怖くなるやつ。こういうのは背水の陣状態じゃないと躊躇してしまいそう... 問題へのリンク 問題概要 頂点数 、辺数 の有向グラフが与えられる。 どの頂点から出る辺数も 1 どの頂点から出発しても必ずノード 1 (root) にた…

AtCoder AGC 003 D - Anticube (1100 点)

とくらちゃん・シンヤカトー・てんぷらたんたちと気合いで解いた。 問題へのリンク 問題概要 個の正の整数 が与えられる。この中から最大個数の要素を取り出して どの 2 つをとってもその積が立方数とはならない という条件を満たすようにせよ。 制約 解法 …

AtCoder AGC 027 D - Modulo Matrix (1100 点)

悔しい... 問題へのリンク 問題概要 (AGC 027 D) 整数 が与えらる。以下の条件を満たすような 行列 a を 1 つ構築せよ: 各要素の値は 以上 以下 ある正の整数 が存在して、行列の上下左右に隣接する 2 数 をどこから取り出しても、max() を min() で割ったあ…

AtCoder AGC 002 D - Stamp Rally (1000 点)

部分永続 Union-Find 木の練習をした。 問題概要 (AGC 002 D) N 頂点 M 辺の無向グラフがあります。 グラフは連結です。以下の Q 個のクエリに答えよ: 頂点 x, y が与えられ、「x と y を含む z 個の頂点からなる集合に含まれる頂点の番号の最大値」の最小値…

AtCoder AGC 026 D - Histogram Coloring (1100 点)

なんか yukicoder で書いた問題に前半は似てた。でもこの問題の難しいところは後半の方なのんな。。。 問題へのリンク 問題概要 (AGC 026 D) 幅が マス、高さが のヒストグラムが与えられる。このヒストグラムの各マスを白黒に塗る方法のうち どの 2 × 2 の…

AtCoder AGC 005 D - ~K Perm Counting (900 点)

包除原理勉強会の一環なん。なんか最初、0〜N-1 を 2K で割った余りで類別したところで鎖を作って、そこでのサイズ i のマッチングの個数を数えたりしたのだけど、それをマージするのに NTT を使うとか血迷ったん^^; https://beta.atcoder.jp/contests/agc00…

AtCoder AGC 025 D - Choosing Points (800 点)

二部グラフ解法頭いいと思ったものの、整数論的考察で通したのでその報告を。TL 見た限りだと、kirika さんと同じ解法っぽいですがかなり少数派っぽいです (ただし、自分はイデアルという概念を意識できてはいなかったです...)。 d1=2^k * u (u は奇数) とす…