けんちょんの競プロ精進記録

競プロの精進記録や小ネタを書いていきます

CSAcademy

CS Academy FII Code #1 E - Sugarel’s Garden

にはできたけど、 にできなかった。 問題へのリンク 問題概要 二次元平面上に 点が与えられる。 点から 4 点を選んでできる四角形のうち、内部にちょうど 個の点をもつものすべてを考えたとき、その面積の最小値を求めよ。 制約 どの 3 点も同一直線上にはな…

CS Academy FII Code #1 B - Sugarel and Substrings

しゃくとり法のいい感じの練習問題 問題へのリンク 問題概要 英小文字のみから成る文字列 が与えられる。 の連続する部分文字列のうち「同じアルファベットが2度以上使われることのない」ものが何個あるかを数えよ (空文字列は 1 個とみなす) 制約 考えたこ…

CS Academy FII Code #1 D - Sugarel in Love

「TDPC うなぎ」の類題。 問題へのリンク 問題概要 頂点の重み付きツリーが与えられる。ツリー上の「頂点を共有しないようなパスの集合」として考えられるもののうち、パスの重みの総和の最大値を求めよ。 制約 考えたこと ツリー二重 DP をする。 ツリー DP…

CS Academy 070 DIV1 E - Squared Ends

Convex Hull Trick の練習に。 問題へのリンク 問題概要 長さ の数列 が与えられる。数列を 個の区間に分割して、各区間 [, ] についての の総和を最小にせよ。 制約 解法 いかにも な DP になるのを頑張って高速化する系の問題。2 乗だから convex hull tri…

CS Academy 076 DIV2 D - Pyramids

えーーーーー、どうしてバグに気づかなかった。。。orz 問題へのリンク 問題概要 x 軸上に斜辺を持つような直角二等辺三角形 (三頂点はどれも格子点) が N 個与えられる。N 個の直角二等辺三角形によって被覆される格子点の総数を求めよ。 制約 1 <= N <= 10…

CS Academy 084 DIV1 C - Split the Sticks

これは楽しい 問題へのリンク 問題概要 個の整数 が与えられる。 今ある整数の中から 1 個 ( とする) を選んで、好きな整数 を選んで、 を と に分裂させる という操作を繰り返して、最終的に得られる整数の集合が、まったく同一の 2 つの集合に分けられるよ…

CS Academy 084 DIV1 B - Three Ones

treeone さん... 問題へのリンク 問題概要 0 と 1 からなる長さ N の文字列 S が与えられる。 どの連続する K 個の中にも 1 が 3 個以上含まれている という条件を満たすような最小の K を求めよ 制約 3 <= N <= 105 S の中に 1 は 3 個以上含まれる 解法 右…

CS Academy 081 DIV2 D - Gerrymandering

貪欲でも、実家 DP でも、ソシャゲ DP 的な DP でも解けるみたいなのんな。これ、実装がややこしくて、苦手なんて言葉ではいい表せないほどの超絶苦手系なのん。。。 Gerrymandering 問題へのリンク 問題概要 N 個の街が一直線上に並んでいて、各街は 2 種類…

CS Academy 082 DIV1 E - Water Supply

ラグランジュ緩和か、、、なのん しかしこれ、ある特定の 1 頂点について次数が 以下であるような最小全域木を求める問題とみなせるわけだけど、こんなんが解けるのは面白いのんな。 全域最小木スライドにある通り、全頂点について次数が 以下となるような最…

CS Academy 081 DIV2 E - Fold Polygon

の Kruskal 法ではダメで、 な Prim 法なら OK という稀有なパターンの問題なん。Dijkstra 法でも priority_queue を使ったやつは 愚直なやつは と二種類の実装があって前者の方が速いと言及されるケースも多いけど、密グラフ ( なグラフ) では後者の方が速…

CS Academy 082 DIV1 C - City Break

しゃくとり法とは違うけど、区間の左端と右端とのどちらかを伸ばしていく感じはしゃくとり法に近いかもなん CS Academy 082 DIV1 C - City Break 問題概要 円環状に 個の街がある。街 i と街 i+1 との間の距離が a[i] で与えられる (i = N のときは街 N と街…

CS Academy 081 DIV2 C - All Numbers

解けたけどもっとちゃんと整理しないとなん 問題へのリンク 問題概要 N 個の整数 a_1, a_2, ..., a_N が与えられる (0 <= a_i <= 9)。これを並び替えて順につないでできる整数 (leading zero は除く) として考えられるものの総和を 109 + 7 で割った余りで求…

CS Academy 079 DIV2 E - Smallest Subsets

CS Academy 079 DIV2 E Smallest Subsets 問題概要 N 個の整数 S[0], S[1], ..., S[N-1] が与えられる。これらの部分和 (2N 通り) を小さい順に K 個出力せよ。 1 <= N <= 105 1 <= K <= min(2N, 105) -109 <= S[i] <= 109 解法 S[i] として負の値もあるのが…

CS Academy 079 DIV2 C K - Inversions

CSA 079 DIV2 C K Inversions 問題概要 1 ~ N の順列で転倒数が K となるもののうち、辞書順最小のものを求めよ。 2 <= N <= 105 0 <= K <= NC2 やったこと 辞書順最小ということで、とにかく今見ている部分を極力小さくする Greedy を行う。 具体的には、…

CS Academy 061 F - Xor the Graph (超鮮やかなオイラー閉路!)

こうきさんに聞いて解いてみたのん。 木を最小個数のパスで被覆する問題はとりあえず2種類あって、辺の重複ありの場合は昨日のCSA 069 D. Cover the Treeで適切に葉同士で繋ぐ感じにする。辺の重複無しの場合は奇数次の点に適当に辺を張ってオイラー閉路作っ…

CS Academy 069 DIV2 E - The Wall

とにかく整理に苦労したけど、本番中に通せて嬉しかったん CSA 069 DIV2 E The Wall 図は N = 5 の場合である。 N 段の壁を作りたい。ただし、どのレンガも下にあるレンガが完成してからでないと積み上げられない。 N 段の積み上げる順番の総数はいくらか。1…

CS Academy 069 DIV2 D - Cover the Tree

本番はツリーDPな方向性に走って詰め切れなかったん。ひょっとしたらツリーDPでも解けるのかもしれないが復元が大変そうなん... ツリーの重心に関する理解が足りてないことがわかったので勉強してまとめたのん。 ツリーの重心分解 (木の重心分解) の図解 - Q…

CS Academy 069 DIV2 C - Build Correct Brackets (最短経路数も一緒に求める最短路!)

まさにこれだったん。 CSA 069 DIV2 C Build Correct Brackets ()()))(())() のようなカッコ列が与えられる。 最小回数flipして正しいカッコ列にせよ。 また最小回数flipで正しいカッコ列にする方法の数を数え上げよ。 ・1 <= 文字列長 <= 2500 まさに最短路…

CS Academy 069 DIV2 B - Reverse Subarray

B なのに難しかったのん。 CSA 069 DIV2 B Reverse Subarray N 要素からなる数列が与えられる。 ここから連続する区間を reverse することで元の数列全体が単調非減少となるようにしたい。 そのような区間の選び方は何通りあるか? またそのような区間のうち…