けんちょんの競プロ精進記録

競プロの精進記録や小ネタを書いていきます

k番目を求める

AtCoder ABC 061 C - Big Array (300 点)

「k 番目を求める」に関する典型的な処理を要求される問題。 問題へのリンク 問題概要 空集合 に対して、以下の 回の操作を行う: に整数 を 個挿入する 回の操作後の S において 番目に小さな値を求めよ。 制約 考えたこと この問題の注意点として、 を具体…

AtCoder ARC 074 D - 3N Numbers (500 点)

昨日の ABC で、「左右両端からの累積和」を使うと良い問題が出たので、その発展的類題の紹介に。 drken1215.hatenablog.com 問題へのリンク 問題概要 を正の整数とする。 個の要素からなる数列 にとおいて、 個の要素を取り除き、残った 個の要素のうち (前…

AtCoder ABC 123 D - Cake 123 (400 点)

priority_queue で動的に 個出力する問題作りたいな〜と思ってぼんやりストックしてた問題と一緒だった!!!!!! 問題へのリンク 問題概要 個の要素からなる数列 個の要素からなる数列 個の要素からなる数列 が与えられる。 からそれぞれ 1 個ずつとりだ…

全国統一プログラミング王決定戦 本選 C - Come Together (300 点)

こういうのを爆速で書けるようになりたい。問題としては マンハッタン距離に関する問題では x 軸方向と y 軸方向とで独立に考えればよいことになるケースが多い (マンハッタンに限らず、各要素ごとに独立にならないかを考察することは重要) の最小値を与える…

AtCoder ARC 101 D - Median of Medians (700 点)

今更前々回の ARC を見て、噂の 700-D Median of Medians を見てみたけど、これはJOI 2017 予選 F - L番目のK番目の数https://t.co/EEfPlJ18Tkとほぼ同じ問題な気がしたん。— けんちょん (@drken1215) 2018年9月6日 とは言え、完全に一緒ではなくて後半の議…

AOJ 2441 FizzBuzz

AOJ-ICPC で無作為に問題を選んで実装する練習するなん。いや、つらいのんな^^; あと、桁 DP でやってしまったけど、もっとずっとはるかに楽な方法があったん。。。 問題へのリンク 問題概要 1 から順に FizzBuzz をやって得られる文字列を FizzBuzz 文字列…

AtCoder ARC 099 D - Snuke Numbers (500 点)

完全に冷静さを欠いたし、ハマったん。。。 ARC 099 D - Snuke Numbers 問題概要 (ARC 099 D / ABC 101 D) 正の整数 N に対してその 10 進法での桁の和を f(N) で表す。今、正の整数 N がすぬけ数であるとは、任意の N より大きい正の整数 M に対して f(N) /…

AtCoder ARC 097 C - K-th Substring (300 点)

本番出てなかったけどこれは... ARC 097 C K-th Substring 問題概要 文字列 s が与えられる。s の連続する部分文字列のうち、辞書順で K 番目の文字列を求めよ。 制約 1 <= |s| <= 5000 1 <= K <= 5 解法 K が小さいのが怪しい。 冷静に考えると、辞書順 K …

CS Academy 079 DIV2 E - Smallest Subsets

CS Academy 079 DIV2 E Smallest Subsets 問題概要 N 個の整数 S[0], S[1], ..., S[N-1] が与えられる。これらの部分和 (2N 通り) を小さい順に K 個出力せよ。 1 <= N <= 105 1 <= K <= min(2N, 105) -109 <= S[i] <= 109 解法 S[i] として負の値もあるのが…

yukicoder 649 ここでちょっとQK!

yukicoder 649 ここでちょっとQK! K は固定で与えられる。数の集合 S に対する以下の Q 個のクエリを処理してください。i 番目のクエリは以下のいずれかです。 タイプ 1: S に数 v[i] を追加する。 タイプ 2: S に含まれる数のうち K 番目に小さい数を答…